浮気されたら許す?許さない?浮気調査をする前に考えておきたいこと

浮気されたら許す?許さない

浮気調査を始めるのは簡単ですが、
発覚した時にどう対処するかを考えていますか?

浮気発覚で精神的なダメージを負っている時に、許すか許さないかの判断を冷静にするのは困難です。

許す場合、許さない場合、
それぞれのメリットデメリットを説明していくので、浮気調査をする前に一度考えてみてください。

浮気を許す場合のメリット・デメリット

浮気を許す場合は、2つのパターンがあります。

① 夫婦で話し合ってやり直す
② 浮気は一時的なものと判断して知らないフリをする

夫婦で話し合ってやり直すメリット

パートナーが浮気を認めて反省する態度が見られたら、やり直すことは十分可能です。

浮気が分かっても愛情が残っていて別れることが考えられない場合や、子供の将来を考えて婚姻を継続したい場合に選択されます。
夫婦関係や家庭についてじっくりと話し合うため、互いの思いを深く知ることができるのがメリット。

夫婦関係はうまくいっている、と信じていても、実際はそう思っていたのは自分だけだった、ということも。
日頃抱えている不満を吐き出すことで、今まで秘めていた本音の部分が分かり、より良い関係が築ける可能性があります。

また、弱みを握っているようなものなので、家庭の中での自分の発言権が強くなる、というメリットもあります。
パートナーに対して強気に出ることができ、家事分担や家計管理などについて、意見を主張できるようになります。

ただし、やりすぎるとパートナーから愛想を尽かされかねないので、ほどほどにしましょう。

夫婦で話し合ってやり直すデメリット

時間と労力がかかるのがデメリットです。

浮気を認めさせ、なぜ浮気をしたのか、夫婦や家庭についてどう思っているのかの本音を聞き出すのは大きな労力が必要です。
浮気発覚でダメージが大きい時は相手を責めてしまい、冷静に話し合いができないことが考えられます。

聞きなくない話も聞かないといけないし、話したくないことも話さないといけません。
時間も忍耐力も必要になることを覚えておきましょう。

また、パートナーが反省していないと、再び浮気をしてしまうことがあります。
謝ったら浮気を許してくれる、と認識される危険性があります。

連絡をこまめに入れる、休日に一人で出歩かない、などの約束事を提示してみましょう。
嫌な顔を見せるなら、反省していない可能性大。
安易に許すと、再び浮気に悩まされるかもしれない、と覚えておきましょう。

浮気を見てみぬふりをするメリット

離婚をしたら金銭的に不安がある人や、今の平穏な生活を失いたくない、という人に選択されています。

離婚すると生活環境がガラッと変わります。
現在の生活に満足しているから浮気には目をつぶろう、という考えです。

パートナーに経済力がある場合は、見てみぬふりをすることで裕福な生活が継続できます。
また、世間体が守れる、というメリットもあります。

戦略的にこの選択をする人もいます。
離婚を決断した人が余裕を持って離婚後の新生活を迎えられるよう、見てみぬふりをして時間稼ぎをしているをしているパターンです。

専業主婦の人が就職に備えて資格取得の勉強をしたり、子育てしながら無理なく働ける職場への転職活動をしたり。
離婚後の生活を安定させるための準備期間にあてているのです。

浮気を見てみぬふりをするデメリット

知らないフリをしている間に、浮気相手との関係が発展してしまう可能性があります。

浮気は一時的なものと高をくくっているうちに、浮気相手との将来を本気で考え始めてしまうことがあります。
離婚を切り出されて困る人は、他の方法の選択をオススメします。

また、パートナーに愛情がある場合は、精神的に追い詰められてしまう、というデメリットもあります。
何かあるたびに、浮気相手と会っているのでは、とイライラしたり落ち込んでしまったり。

見てみぬふりをする場合、良い方向には進まないことがほとんどです。
デメリットが大きいので、よく考えてから選択しましょう。

浮気を許さない場合のメリット・デメリット

浮気を許さない場合にも、2つのパターンがあります。

① 離婚をする
② 離婚はしないが別居をする

離婚するメリット

また浮気するのではないか、といった疑心暗鬼の日々から解放されます。

浮気を一度は許しても、後々になって怒りや悲しみがこみ上げてくることがあります。
離婚を決断したらスッキリとして、前向きに人生を楽しめるようになった、という声もあります。

子供がいる場合は離婚をすると子供に大きな影響があります。
離婚をすると子供がかわいそうとよく言われますが、夫婦喧嘩を子供に見せ続けるのは悪影響を及ぼすことがあります。

父親の浮気を知ってしまうと、結婚に良い印象が抱けなくなってしまうことも。
長い目で見ると離婚する方が子供によって良いケースも十分に考えられます。

離婚するデメリット

親子関係が良好な場合、離婚をすると子供が寂しい思いをすることがあります。

休日に親子で出かけられなくなったり、運動会や授業参観などの行事に来てもらえなかったり。
両親が揃っている家族を見ると辛い気分を味わわせてしまうことになります。

金銭面で苦労することも考えられます。
パートナーが安定した収入がある場合、今と同じ生活水準をキープすることはできません。

節約したり仕事を増やしたりする必要が出てきて、大変な思いをするかもしれません。
離婚をすると収入だけでなく、相続、税金や各種社会保険へも影響することも頭に入れておきましょう。

また、パートナーがすんなりと離婚に応じてくれるとは限りません。
話がこじれたら離婚調停を行い、不成立に終わったら離婚裁判に進みます。

結果が出せるまで時間がかかるし、時間的にも精神的にも負担がかかってしまいます。
また、弁護士に依頼をした場合は費用がかかるというデメリットもあります。

別居をするメリット

離婚はしないが別居をする、という方法をとる人もいます。

取り乱して冷静になれない人は、別居していったん距離を置いてみるのも一つの方法です。
自分の気持ちを見つめ直すことができ、パートナーにも自分がどれほど傷ついたかを知らしめることができます。

プレッシャーがかけられたことにより、浮気相手との別れを決意させるきっかけになるケースもあります。

別居をするデメリット

開き直って本格的に浮気相手との交際を深めてしまうことが考えられます。

浮気が本気になってしまい、離婚を切り出されてしまうかもしれません。
また、別居期間が長期になると離婚原因とされ、離婚が成立してしまうことがあります。

離婚を検討していない人は、慎重になりましょう。

浮気調査をする前に

浮気調査をする前に

浮気を許す場合、許さない場合、それぞれにメリットデメリットがあります。

どの道を選択しても苦痛は伴います。
何を優先するか、譲れないことは何なのかをよく考えることが大事です。

一時の感情で決断をすると、後悔してしまうかもしれません。
浮気調査をする前に、自分の考えをまとめておくことをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました