不倫や浮気の慰謝料をもらう方法は?慰謝料を取りたい!

不倫や浮気の慰謝料を

自分というパートナーの存在をないがしろにして、自分以外の人と浮気や不倫をしている。

そんな相手を簡単に許してしまうことができない人は多いはず。

そこで今回は、大切なパートナーを誘惑し不貞行為を働いた相手に慰謝料を請求する方法をご紹介します。

慰謝料を請求される側になる人も、どれほど大きな代償を支払うことになるのか、必見です。

慰謝料の相場は?不倫や浮気でどれくらいの慰謝料が請求されているの?

離婚も別居もせず夫婦関係を継続する場合

浮気や不倫がバレて慰謝料を請求されたものの、離婚や別居をしないでそのまま夫婦という関係を維持し続けた場合の慰謝料の相場です。

50万円~100万円

浮気や不倫がバレて別居となった場合

不貞行為が明るみになってしまい、夫婦関係が崩壊、離婚までは至らなかったものの別居することを余儀なくされた場合の慰謝料の相場です。

100万円~200万円

離婚という形になってしまった場合

浮気や不倫が直接の原因で、夫婦という関係性が維持できなくなり離婚に至ってしまった場合の慰謝料の相場です。

200万円~300万円

慰謝料は請求出来る場合とできない場合があります

浮気相手、不倫相手に慰謝料を請求できるケース

浮気相手や不倫相手に慰謝料を請求するためには、以下の2つの条件を満たしている必要があります。

1.相手に「故意」「過失」という意思がある事

2.その不貞行為によって、あなた自身が「権利の侵害」を受けた事

1の「故意」や「過失」は、既婚者であることを知りながら誘惑したり肉体関係を結んだ場合です。

既婚者と交際していることに気づいていながら、その状態を維持し続けたり、注意を怠ったことによって既婚者だという事に気が付くのが遅れたというケースでも適用されます。

2の「権利の侵害」については、例えば浮気や不倫の前は円満だった夫婦関係が破綻してしまった、それが原因で離婚してしまったという場合です。

浮気相手、不倫相手に慰謝料を請求できないケース

以下の2つの項目に当てはまるような場合には、浮気相手や不倫相手に対して慰謝料を請求できないこともあります。

1.すでに経済的、精神的な損害を賠償するほどの慰謝料を受け取っている

2.時効が過ぎた場合

1の場合は、すでに浮気や不倫の代償として金銭を受け取っているような場合となります。

特に多いのが、浮気をした夫から損害賠償として多額の現金を支払ってもらったり、高級な物品の購入をさせているような場合です。
配偶者に損害賠償をしてもらってしまっているという場合、浮気や不倫の相手に対して改めて慰謝料を申し出る事はできません。

2についてですが、実は慰謝料請求には時効があります。

時効期間は3年間です。

不倫や浮気を知った時点から3年が経過してしまうと、その不倫や浮気について慰謝料を請求することができなくなります。

慰謝料を請求したいなら弁護士に相談が一番

法律のプロに依頼することでより高額な慰謝料を請求できる

浮気や不倫の尻尾を掴んだら、まずは弁護士に相談して法的措置に打って出る事にしましょう。

なぜなら弁護士という法律のプロに依頼することで、より確実に、より的確に相手を追い詰めることができるからです。
自分の大切なパートナーの心を乱し誘惑、そして円満だったあなたとの関係を崩壊させた罪を徹底的に追及することができるでしょう。

慰謝料に関しても、きっちりと支払ってもらう契約を交わすことができますし、必ず支払ってもらえるよう法によって縛ることができます。

交渉による慰謝料にも裁判による慰謝料にも対処してもらえる

慰謝料請求には2つの方法があり、交渉によるもの(口頭、書面)と、裁判による慰謝料請求に分かれます。

交渉(電話や書面)で示談が成立しなかった場合には、裁判所で決着を付けることになります。
交渉によって慰謝料請求するにせよ、その後解決せず裁判にもつれ込むにせよ、法的知識が強力な武器になる事は言うまでもありません。

交渉の場合には、自分で解決しようとすれば「言った言わない」のトラブルになりますし、即座に適切な判断を下すことも難しいでしょう。
その結果として証拠が不十分になったり、責任逃れをする相手に対して追及できなかったりします。

また裁判では専門知識が不足しているため、自分自身で解決するのは不可能でしょう。
弁護士に依頼することで、どのような解決法が最も有効か、常に状況に応じた慰謝料請求のベストの道を示唆してくれるのです。

まとめ

慰謝料請求は、不貞行為

慰謝料請求は、不貞行為によって傷ついた人が当然請求すべき権利とも言えます。

浮気や不倫によって相手を信頼できなくなってしまったり、人間不信に陥ってしまう人もいるでしょう。
さらにそれまでの生活を一変させ、不幸のどん底に追いやられてしまい、未来への希望を失ってしまう人もいます。

そんな許せない不倫や浮気を働いた相手には、きっちりと責任を取ってもらい、受けた被害を慰謝料として返してもらうのが当然です。
弁護士は、自分が受けた不当な扱い、ないがしろにされ傷ついた気持ちを慰謝料という形にして現実化してくれます。

また弁護士に依頼することで、相手側にこちらの本気度を提示することにもなるでしょう。
慰謝料は夫婦関係でなくても、内縁関係、恋人関係でも成立できるケースもあります。

浮気や不倫の代償を、慰謝料として相手に支払わせたいと思ったら、まずは弁護士に相談するところから始めましょう。

タイトルとURLをコピーしました